肌が美しければ、それだけで、美人に

鼻の目、口、輪郭など、顔の形を変えるのは、美容整形でなければ困難ですが、肌ならば、若いうちからきちんと手入れしておくことで、自分で美肌を保つ事は可能です。

 

肌が美しければ、それだけで、美人に見えます。

 

肌はすでに20歳を過ぎると老化を始めています。

 

つまり美肌を保ちたいのならば、20歳の事から、肌老化を予防して行くことがいいと追います。

 

肌へのダメージは徐々に、きずかないうちに蓄積されて、30歳代40歳台で、大きな差となって現れてくるのです。

 

肌にダメージを与えるのは、日常生活ちょっとしたことです。

 

例えば洗顔によるダメージです。

 

洗顔で美肌

洗顔料や洗顔石鹸には気を遣っても、意外とおろそかになっているのが洗顔方法で、強く洗いすぎたり、よくわだてずに顔料を使うことで、皮膚に残り、肌を傷めていることがけっこうあるのです。

 

美肌を保つには、洗顔料選びだけでなく、正しい洗顔方法を学ぶべきです。

 

次に、脱毛です。

脱毛で美肌

 

顔の脱毛に、剃刀を使っていると、肌のダメージが蓄積され、くすみや老化の原因となります。

 

脱毛クリームも、毛を溶かすタイプのものは、肌にも刺激が強く、ダメージを与えることになります。

 

脱毛は、ひげ脱毛などで人気の携帯用のレーザーひげ脱毛機などが肌を傷めず、逆にコラーゲンの生成を促すこともあり、美肌作りにはよいとされています。

 

これは男性でも、女性でも同じです。

ページの先頭へ戻る